利益をもたらす手段として|金銭的にゆとりがあるなら株取引を学校で学びましょう
硬貨と人形

金銭的にゆとりがあるなら株取引を学校で学びましょう

利益をもたらす手段として

男性

最近の個人投資家の傾向

資産運用に興味を持つ人が増えており、個人が証券会社で口座を新規に開設したり、株式を積極的に購入するのが最近の傾向です。しかし株式の個別銘柄よりも気軽に購入できるために、投資信託に興味を持つ人の増加も顕著であり、とりわけ低コストで運用可能なファンドが大人気です。初めて証券会社で金融商品を購入する人にふさわしいのは、シンプルな商品コンセプトのインデックス型の投資信託です。ボーナスを活用して100万円単位で買う人も多いですが、毎月銀行口座などから自動的に引き落として、定期的に積み立てるのがトレンドです。積み立て投資に適したファンドが増えていることもあり、長期投資を考えながら投資信託を買う人が多いです。

理想のポートフォリオ

老後資金や住宅資金を確保する目的で投資信託を購入する場合には、バランスの取れたポートフォリオを構築することが重要です。投資の経験が浅い人の多くが活用しているのは、ネット証券会社のウェブサイトで紹介している、ポートフォリオの具体的な実例です。20代や30代の比較的若いサラリーマンが選んでいるポートフォリオは、国内の株式や先進国株式のインデックスファンドが主体です。株式を中心に複数のインデックス型の投資信託を組み合わせることで、長期的には高い成長性が期待できるでしょう。60歳以上のシニア層から高い支持を受けているポートフォリオは、債券とリートと高利回り株式で運用する投資信託を組み合わせたものです。